暑かったり寒かったりを繰り返していた
関東地方。

ここ最近は一気に秋めいてきて・・・
というかむしろ冬が来たんじゃないか!?
と思うような気温の日が続いてますね。

秋は短い季節ですが、
楽しみはいろいろあります。

実りの秋と言われるように食べ物が美味しかったり、
過ごしやすくなることから
スポーツや運動会を楽しめたりと
いろいろありますが、
「紅葉」も秋に楽しむイベントですね。

そんな紅葉を関東地方では
いつごろから楽しめるのかを調べてみました!

 

スポンサーリンク


 

 

スポンサーリンク

紅葉が北関東で見れる時期は?

関東と一言で言っても
北は栃木県から南は神奈川県までありますね。

紅葉は寒くなってきてから見頃を迎えるので、
当然北の方から見頃がやってくることになります。

ですのでまず北関東(栃木・群馬・茨城・埼玉)の
見頃の時期を紹介したいと思います。

(あ、ここで埼玉県が北関東か南関東かという問題は
置いておくことにします。笑)

栃木県・群馬県が関東の中でも一番早く
9月下旬から見られるみたいです。

具体的には・・・
群馬県の尾瀬(草紅葉)が9月下旬~10月上旬から、
栃木県の日光や那須高原などが
10月上旬~中旬のようですね。

埼玉県と茨城県は少し遅めの10月下旬ぐらいから
見頃となる場所が多いみたいです。

 

スポンサーリンク


 

紅葉が南関東で見れる時期は?

では続けて
南関東(東京・千葉・神奈川)を見てみましょう。

この3都県の中では場所にもよりますが
神奈川県が(特に箱根あたり)一番早く、
11月上旬から始まります。

次いで東京都が11月中旬ごろから、
千葉県は11月中旬以降下旬にかけて
ということになるみたいです。

南関東あたりだと
12月中旬辺りまで見ることもできるようです。
その頃になると街中はクリスマスカラーに染まるので
紅葉に目が向きにくいですが、
12月も紅葉が楽しめるなんて
なんだか少しロマンチックですね。

スポンサーリンク

まとめ

というわけで
関東では早いところは10月上旬から、
遅いところは12月中旬辺りまで
長い期間に渡って紅葉を楽しめるということになります。

【関連記事】
紅葉情報@関東!日帰りでドライブしながら行くならココ!
紅葉情報@関東!日帰りで電車で行くならココ!

 

スポンサーリンク


 

スポンサーリンク