2017年の夏頃、我が家では車の買い替えを考えました。

それまで乗っていた車の次の車検は2018年6月・・・。

車検まで半年以上あったのですが、それでも乗り換えを考えるように。

候補はホンダの『フリード』かトヨタの『シエンタ』。

なぜ買い替えを考えたのか、どっちを選んだのか、などを
主婦目線でまとめてみたいと思います(^O^)/

スポンサーリンク

フリードかシエンタか・・・を考えるようになったワケ

先程も書きましたが、それまで乗っていた車の次の車検までは
まだ半年以上あった時期から車の買い替えを考え始めた我が家。

当時の車はトヨタのヴィッツ。

トヨタの車がスキ!とかそういうのがあるとかではなく、
結婚したときから夫が乗っていた車だからという理由です。

結婚当時こそはヴィッツの広さに不満は無かったのですが、
子供が1人2人と増えることで狭いと感じるように・・・

5人乗りの車なので、後ろの席にチャイルドシートを乗せると
他の荷物はほぼ乗りません(T_T)
(しかも我が家は子供2歳差なので、チャイルドシートは2つ必須です)

さらに出かけるとなるとベビーカーも念のため持っていきたい派なので
リアの場所もほぼ埋まってしまいます。

子供が1人の時はまだよかったのですが、
下の子が生まれ1年ほどで車の積載量に限界を感じてきたタイミングが
2017年の夏頃だったのです。

次の車検まで半年あろうが、車を買い替えたい!
積載量を増やしたい!!という思いが強くなったので
買い替えを考えるようになったというワケです。

スポンサーリンク

フリードかシエンタか・・はたまたノアかステップワゴンか・・・

車を買い替えよう!と決まった我が家。

次に考えたのは、どのクラスの大きさの車にするかです。

2列シートの5人乗りで小ささを感じたので、
それ以上の大きさの車であることは絶対。

となると、3列シートで6人乗り以上、これが我が家の絶対条件でした。

そして後ろはスライドドア。

これも外せない条件として夫に提案。

このタイミングで買い替えるということは、
おそらく5年以上は乗るだろうという計算。

ということは、今は親の私達がドアを開け閉めしても
あと2年もすれば上の子なんかは自分でドアを開け閉めしたがるはず。

スライドドアでなく普通の開閉ドアで、
しかも隣には高級車が止まっていて
そんな時に限って勢い良くドアを開けちゃったりしたら・・・
という妄想をしたら、
とてもじゃないけど普通のドアの車は考えられなくなりました。笑

まぁ出回っている3列シートの車のほとんどはスライドドアだと思うので
3列シートを選んだ段階でこの条件はクリアだと思いますが念のため。。。

あとは予算とかもありますが、この条件で車を探すことに。

余談ですが、この時「あぁ親になったんだなぁ」ってしみじみ思いました。笑

そして候補に上がったのが
フリード・シエンタ・ステップワゴン・ノア・ヴォクシー
このあたり。

大きすぎても我が家の駐車場に入らないし
(なのでアルファードあたりはパス。)
上記の車種を。

ホンダかトヨタしか候補に上がっていませんが、
実際ホンダかトヨタ(あとはドイツ車)が割りとスキなので
自然と候補はこの5台に絞られました。

スポンサーリンク

最終的にフリードかシエンタになったワケ

タイトルにもありますが、我が家は結局
最後の最後にはフリードかシエンタで悩みました。

夫なんかはステップワゴン・ノア・ヴォクシーあたりに
したい気持ちもあったみたいですが・・・

今回買う車は夫だけではなく私ももちろん運転します。

夫は通勤は電車なので、むしろ子どもたちを乗せて運転するのは
私が多いんじゃないか、と思うくらいです。

大きい車も見晴らしがよく運転しやすい!と思う
タイミングがあるのはわかりますが
やっぱり少しでも小回りが効くほうが
これからを考えるといいような気がして。
(幼稚園のお迎えとかスーパーの駐車場とか)

このような思い、夫も理解してくれたので
最終的にはフリードかシエンタか、という2択になりました。

フリードとシエンタ、子育て目線で比べてみる!

そうと決まれば実際に見に行き試乗してみるのみですね!

子供が2人いるということが前提なので、チェックポイントを考えました。

ドアは開け閉めしやすいか
子供が乗り降りしやすいか
チャイルドシートがあっても広く使えるか
3列目の居心地
リアの使い勝手(3列目の収納はどんな感じか)

こんなところですね。

次の記事で、比較検証した内容をまとめていきたいと思います(^O^)/

スポンサーリンク